肩甲骨周りのチューブトレーニング!魅力的な背中になる効果的な方法

投稿日:

キレイでかっこいい女性になりたいと思うなら、魅力的な背中は大きなポイントです。自分では見えないため、普段はあまり気にしていなくても、美しさに対する努力の結果は背中にも必ず現れます。つまり、手を抜いていることもすぐにわかってしまう場所です。しっかり筋トレして美しい背中を手に入れましょう。
背中がキレイな人を思い浮かべてみると、動いたときに肩甲骨がくっきりとわかります。肩甲骨周辺に贅肉がなくしっかり引き締まっているのです。引き締めるためにはどうすればいいのか、そこでお勧めできるのがチューブによるトレーニングです。

チューブトレーニングなら自宅でも気軽にできます。肩甲骨周辺を鍛えることで美しく引き締まった背中になれます。まずは背中を引き締めるために必要な筋肉など理解していきましょう。

ダイエットジムなら
『エクササイズコーチ』
がおすすめ!

エクササイズコーチの詳細は「エクササイズコーチの評判・口コミをまとめてみた【本当に効果ある?】」の記事よりご確認ください

チューブで鍛える肩甲骨の種類

チューブトレーニングはチューブの反発を利用して行うトレーニングです。ジムでマシントレーニングするのもおすすめですが、チューブなら時間に関係なく自分が好きな時間にトレーニングできます。

トレーニングすべき筋肉がわかっていると効率よ筋肉を鍛えることができるので、まずは背中の筋肉がどのようになっているのか、知識を得ることが重要です。

肩甲骨の種類1.僧帽筋

僧帽筋は首からつながり、肩、そして背中の中央まで広がる、筋肉です。僧帽筋は肩甲骨を閉じる働きがあり、背中の贅肉をとるためにとても重要な筋肉になります。

美しい背中をもっている人は後姿も美しいのですが、背筋が整っていてすっと伸びています。猫背ではなく背筋が伸びているからこそ、背中が美しく見えるのです。猫背を矯正するためにも、僧帽筋のトレーニングは重要といわれています。

肩甲骨の種類2.広背筋

男性も逆三角形のボディを目指すとき、広背筋を主軸に鍛えます。広背筋は背中の中でかなり広い面積をもち、肩甲骨を寄せる時にも利用する筋肉です。

背中側の筋肉は鏡などを見ても見えないため、意識しにくい筋肉なのですが、広背筋の位置を理解し動きを意識しながら筋トレすることでより効率よく鍛えることができます。

広背筋を鍛えることで背中がスッキリし、引き締まった印象になります。きれいな背中になりたいという時、この筋肉もトレーニングする必要があるのです。

体の部位のチューブトレーニング1.チューブベントオーバーロー

チューブを引き上げるトレーニングとなるチューブベントオーバーローは、主に広背筋に効果の高いトレーニングです。背中の贅肉をスッキリ落とし引き締め効果も高い種目です。チューブを使う種目なので、正しいフォームを覚えることで自宅でも気軽に鍛えることができるでしょう。


チューブベントオーバーローのポイントは2つあります。
1つ目のポイントは「背中を真っ直ぐにする」ことです。
背中が丸くなっ立姿勢でチューブを引っ張ると背中の筋肉が使われにくく、腕の筋肉で持ち上げてしまいます。背筋にポイントが行かず腕に行くため、効率よく背筋を鍛えることができません。
2つ目のポイントは「ヒザを曲げて行う」ことです。
ヒザがのびていると負荷が腰に伝わるので腰を傷める方もいます。ヒザを少し曲げた状態で腰に負荷がかからないようにし、その上でチューブを引くことがポイントです。
チューブベントオーバーローの手順

  1. チューブの両端をそれぞれ両手で持ちチューブ中央を両足で踏みます。
  2. ヒザを少し曲げて体を斜めに前掲させます。
  3. 弧を描くような意識でヒジを曲げて斜め上方向に引っ張ります。
  4. ゆっくりとヒジを下します。

◆回数の目安:10回×3セット

チューブベントオーバーローの注意点
腰を曲げて負荷をかける種目となるので腰痛がある人はあまり強い強度で行わない方が安心です。背筋力をつけることは腰痛の改善にもなりますが、強すぎる負荷は腰に負担となりより傷めてしまうこともあるのです。

腰に大きな負担がかからないように、ヒザを必ずまげて行います。腰への負担を軽くし背中にしっかり負荷がかかるように、背筋を伸ばして猫背にならないような姿勢になることも注意して行いましょう。

肩甲骨のチューブトレーニング2.チューブシュラッグ

肩をすくめるような動きをするチューブシュラッグは肩から背中にかけての引き締め効果があり、また肩こりに悩む人にはその改善にもつながります。主に「僧帽筋」に効果が期待出来るトレーニングです。

チューブシュラッグのポイントを紹介します。
ポイントは「ヒジを曲げない」ことです。
肩をしっかりすくめることで僧帽筋に作用します。ヒジを曲げて肩をすくめると効果も半減してしまうので、ヒジを伸ばし僧帽筋に負荷がしっかりかかるような位置でチューブを握ります。その上肩をすくめる動作をすると僧帽筋を鍛えることができます。
チューブシュラッグの手順

  1. チューブの両端をつかみ少し開いた両足で中央部分を踏みます。
  2. 体の横に手の位置を決め手からゆっくり肩をすくめていきます。
  3. 肩を十分上方向にすくめたらゆっくりと下ろします。

チューブシュラッグの注意点
チューブを持つ位置が下すぎると肩をすくめたときに強度が高すぎて、肩の筋肉を傷めることがあります。チューブの両端を体の横でつかむとき、手を真っ直ぐにした状態で少しだけチューブに引っ張られているかな?位の強度にしておくと安心です。

チューブの持つ位置が高いと効果が弱くなり、低すぎると怪我につながります。チューブを持つ位置を正しくすることで、怪我のリスクも少なくなるでしょう。

肩甲骨をチューブで鍛えるメリット・デメリット

マシントレーニングは筋肉を鍛えたい、引き締めたいと思うとき、有効な手段となります。最近は女子の中でも筋トレブームなので、ジムに通って本格的にマシンによるトレーニングを行っている方も多いです。

自宅でトレーニングするならチューブはとても有能な筋トレアイテムです。メリットの多い方法となりますが、デメリットもありますので両方を理解し、正しくトレーニングできるようにしましょう。

肩甲骨をチューブで鍛えるメリット

肩甲骨周辺の筋肉、僧帽筋や広背筋を鍛えるには、肩甲骨を動かす必要があります。チューブトレーニングでは肩甲骨の可動域を広げる色々な動作ができるので、背中の様々な筋肉を鍛え、肩甲骨の動きをよくしてくれるのです。

チューブトレーニングは広背筋、僧帽筋それぞれに対するトレーニングがあるので、背中の引き締め効果の高い方法です。女性の場合、あまり筋肉をつけずに引き締めたいという事もありますが、ダンベルよりも負荷がかかりにくく、自重トレーニングより効果的なチューブトレーニングは引き締めに理想的です。

肩甲骨をチューブで鍛えるデメリット

筋トレを行ってもどこに効果があるのかわかりにくいのが背筋です。チューブトレーニングを行うときにも、どの場所を緊張させればいいか理解して行う必要があります。チューブを使いトレーニングする場合でも、筋肉の位置を理解して行わないと、違う筋肉に作用してしまう可能性もあるのです。

チューブベントオーバーローやチューブシュラッグがそれぞれどこに効果的なのか、それを理解し正しく取り組む事が必要です。

まとめ

背中を引き締めたいと思うときに利用しやすいチューブトレーニングは、自宅でも楽にできる方法として人気があります。美しく引き締まった背中になりたいという人にとって、理想的な筋トレグッズです。

背中を引き締める効果のあるトレーニング方法を理解し実行する事で背中をしっかり引き締めることができます。無駄な贅肉がない魅力的な背中になるためにも、これからチューブトレーニングなど自宅でできるトレーニングも取り入れてみましょう。

筋トレすべき肩甲骨の部位 効果的な筋トレ法
広背筋 チューブベントオーバーロー
僧帽筋 チューブシュラッグ
筋肉の部位3 各筋トレの名称

贅肉が付いていない背中を見て羨ましがっていても筋肉はつきません。しかしトレーニングを継続的に行えば、キレイな背中になれるのです。通販などでも購入できる気軽な筋トレグッズ、チューブなどを利用すれば自重トレーニングよりも負荷をかけ、効率よく引き締めることができるでしょう。

一人てトレーニングしても飽きそうと思う人や途中であきらめてしまいそうな人、またトレーニングの種目を正しくできそうにないという人もいます。その場合、パーソナルトレーナーの方についてもらい、正しく楽しく筋トレする方法を指導してもらうといいでしょう。トレーニングが理解できれば自宅トレーニングに活かすことができます。

ダイエットジムなら
『エクササイズコーチ』
がおすすめ!

エクササイズコーチの詳細は「エクササイズコーチの評判・口コミをまとめてみた【本当に効果ある?】」の記事よりご確認ください

-ダイエット

Copyright© エクササイズコーチの評判・口コミ!料金や効果、体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.