肩甲骨ダイエットは本当に効果ある?|正しいやり方やストレッチを紹介

更新日:

肩甲骨を抑えている

世の中にはさまざまなダイエット方法があります。しかしどの方法も「続かなかった」「効果が得られなかった」という方は多いはず。決心して始めてみても、だんだんと面倒になってしまって、継続が難しくなり効果が出る前に諦めてしまうということもあります。

そんな方におすすめしたいのが「肩甲骨ダイエット」。肩甲骨を動かすだけで痩せやすい体になるという肩甲骨ダイエットは、道具も不要で場所も選ばないので今すぐにでも始めることができます。

また、肩甲骨あたりの筋肉がこっていると、体にさまざまな弊害が起こるといわれています。PCやスマホの普及によって肩甲骨あたりの筋肉がこっているという方はとても多いのに、そのほとんどが自覚すらしていないそうです。食事制限や運動をしているのになかなか痩せられないという方や、肩や首のこり、冷え症に悩んでいる方は、もしかしたら肩甲骨のこりが原因かもしれません。

肩甲骨をしっかりと動かし、代謝の良い体をつくっていきませんか。肩甲骨ダイエットの効果や方法を解説してきましょう。

肩甲骨ダイエットは本当に効果ある?

肩甲骨には、脂肪を燃焼してくれる褐色脂肪細胞が多く集まっていて、肩甲骨を動かすと褐色細胞が活性化するといわれています。脂質や糖質をエネルギーに変換してくれる褐色細胞が活性化すると、太りにくい体になって痩せやすくなるというのが「肩甲骨ダイエット」です。褐色細胞は、肩甲骨の周り以外にも首の周りや脇の下、脊髄周辺などにありますが、存在する場所が限られていて、年齢と共にその数も減少してしまいます。そのため限られた場所にしかない褐色細胞を積極的に動かして活性させて、キープすることがポイントになります。

また、肩甲骨と骨盤は密接な関係にあり、両者の動きは連動しています。肩甲骨のコリをほぐして可動域が広がることで、骨盤も動きやすくなって歪みの解消にもつながるのです。骨盤が歪んでいると、体のバランスが崩れて血流の流れが悪くなり、老廃物や余分な水分が溜まって太りやすい体になってしまいます。また、むくみや便秘の原因にもなります。肩甲骨を動かすことで、骨盤の歪みも解消されて全身をスッキリとさせる効果が期待できます。

肩甲骨ダイエットの効果

肩甲骨を動かすことは、ダイエット以外にもさまざまな体にうれしい効果があります。

肩甲骨ダイエットの効果:姿勢がよくなる

最近ではスマホやPCを長時間使用する人が増えたせいか、肩が丸まってしまう猫背の人が多くなっているそうです。肩甲骨をほぐして正しい位置に持ってくると、猫背が解消して背筋がピンと伸びて、スタイルを良く見せることができます。また、内臓が正しい位置に戻るため、お腹あたりが引き締まってバストやヒップの位置もアップしたように見えます。肩甲骨を動かすことで猫背を改善し、姿勢をよくしていきましょう。

肩甲骨ダイエットの効果:血流アップ

全身の血行をよくするには、肩甲骨を正しく動かすことが大切です。体の中で特に血流が滞りやすいといわれている肩甲骨は、動かすとリンパの流れを良くして血流を促す効果があります。

血流がアップすると、老廃物の除去による疲労回復効果や新陳代謝の促進効果、免疫力の向上などさまざまなメリットが期待できます。また、リンパの流れもよくなってバストやヒップへ栄養が運ばれやすくなるので、筋肉が引き締まって美しいラインのバストやヒップになります。

肩甲骨ダイエットの効果:肩甲骨が柔らかくなる

肩甲骨を動かすと、柔軟性が高まって怪我の予防にもつながります。また、肩こりや首のこりの悩みが解消されるでしょう。肩こりや首のこりは放っておくと、自律神経を乱してしまうことも。自律神経が乱れると、めまいや動悸、冷え性などさまざまな症状を引き起こします。肩甲骨はいつも柔らかい状態が理想的です。

肩甲骨ダイエットの方法

肩甲骨ダイエットの方法を解説していきましょう。

肩甲骨を大きく動かそう

肩甲骨ダイエットは、肩甲骨を大きく動かすことがポイントになります。肩甲骨を動かしているつもりでも、腕しか動いていなかったということも。普段はなかなか意識して使うことがない場所なので、ゆっくりと大きく動かして肩甲骨を意識しながら行うとよいでしょう。

肩甲骨ダイエットにおすすめのストレッチ

肩甲骨ダイエットにおすすめのストレッチを解説していきましょう。

肩甲骨の外転の動きを利用したストレッチを紹介します。体の前で組んだ手を前に伸ばしていくだけの簡単なストレッチなので、どこでも気軽に行えます。

肩甲骨の外転ストレッチのポイントは2つあります。

1つ目のポイントは「足を肩幅ぐらいに広げる」ことです。

このストレッチは足を閉じていると、体が安定しにくくなります。そのため、足を肩幅ぐらい広げて、しっかりとバランスをとって行うようにしましょう。

2つ目のポイントは「肩甲骨の動きを感じる」ことです。

肩甲骨が内側から外側へ動いていることを感じながら行ってみてください。肩甲骨の動きに意識すると、しっかりと動いて効いていることが分かります。
[aside type="normal"]
肩甲骨の外転ストレッチの手順

  1. 正面を向いて立ち、手は前で組みます。
  2. ヒザを曲げて、腰を下に落として背中を丸めていきます。
  3. 組んだ手はできる限り前の方に伸ばしましょう。
  4. その体制をキープします。
  5. ゆっくりと体を起こし、両手を体の横、もとの位置に戻します。
  6. これを繰り返していきます。

[/aside]

肩甲骨ダイエットにおすすめのヨガストレッチ

続いてヨガストレッチを解説します。


ヨガの鷲のポーズを紹介します。鷲のポーズは肩こり解消効果だけでなく、全身のストレッチ効果が期待できます。また二の腕や太ももの引き締め効果、冷え性の改善や骨盤を締める効果もあるといわれていて、女性にはうれしいメリットばかりなのでぜひ挑戦してみてください。

鷲のポーズのポイントは2つあります。

1つ目のポイントは「ポーズに慣れる」ことです。

鷲のポーズは初心者でも行える、取り組みやすいポーズです。しかし手をクロスさせたり、片足だけで立つなど、バランスをとることが難しいポーズでもあります。転んで怪我をしないように、ポーズに慣れることから始めてみましょう。

2つ目のポイントは「背筋を伸ばす」ことです。

背筋を伸ばすと、しっかりと呼吸することができます。呼吸を整えながら行うためにも、しっかりと背筋を伸ばして肺を抑え込まないようにしましょう。

また、腕をしっかりと絡めて、肩甲骨の間を広げていくような意識で行いましょう。手を絡めるのが難しいという方は、手の甲を合わせたり、ストラップを使ってみてもよいでしょう。肩甲骨周りがほぐれていくと、二の腕のむくみも取れてスッキリとします。

鷲のポーズの手順

  1. 両足を腰幅程度に開いて立ちます。
  2. 右手が上、左手を下にあるように両手をクロスさせて体の方へ曲げます。
  3. 左足を右足の上にクロスします。
  4. 息を吸いながらヒジを上にあげます。
  5. 息を吐きながら背中をまっすぐにして体を前傾させ、ヒジを少し伸ばします。
  6. 目線を指先に合わせて、バランスを取りながら呼吸を繰り返していきます。(目安5呼吸)
  7. 両足を床についてまっすぐ立ちます。
  8. 左右入れ替えて繰り返します。

まとめ

道具も不要で場所を選ばない、初心者でも簡単に始められて継続もしやすい、肩甲骨ダイエットを紹介しました。肩甲骨のこりをほぐしていくと、ダイエットだけでなく、怪我の予防や姿勢の改善、血流がよくなるなどさまざまな効果が期待できます。ひとつひとつの動作では、肩甲骨を動かすことを意識して行いましょう。

しかし無理に行うと、ヒザを痛めてしまったり、他の部位を刺激するだけで肩甲骨にアプローチができていなかったということも。自宅でのストレッチでは肩甲骨周辺のこりの解消はできても、それ以上に筋肉を鍛え上げるのは難しいかもしれません。

そこでおすすめするのが「パーソナルトレーニング 」です。パーソナルトレーニングを受けると、トレーナーから直接指導を受けられるので、より早く正確に肩甲骨ダイエットを始められるでしょう。しっかりと肩甲骨を動かして、代謝の良い体を作っていきましょう。

-ダイエット

Copyright© エクササイズコーチの評判・口コミ!料金や効果、体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.